寄稿・執筆依頼はお問い合わせフォームからお願い致します。▶▶

レーシックより安全?ICL手術とは【手術経験者目線】

ICLとはレーシック・ICL
レーシック・ICL

おはようございます!こんにちは!こんばんは!ICL手術をした101号室の佐藤(38歳)です。

レーシックは知名度が高く情報収集もしやすいですが、ICLはいまだに知らない人も多いです。
強度近視や角膜の厚さ、目の形状によってレーシックが不適合とされた人も、ICLなら手術可能である場合があります。

また、レーシックは視力が悪いほど角膜を削る量が多い点が大きなデメリットですが、角膜を削らないICL(アイシーエル)という選択があります。眼内コンタクトレンズとも呼ばれるもので、目の中にレンズを入れてしまうものです。

ICLの情報は病院発信のサイトが多く集客目的の内容になりがちですが、このサイトでは医療関係者ではないICL手術を経験した一般人の私が、誰でもわかるようICLとは何かを説明していきます。

スポンサーリンク

ICLとは?誰でもわかる優しい説明

専門用語なしのICL概要

ざっくり言うと、目の中に永久レンズを入れる手術です。コンタクトレンズを目の中に入れる、そんなイメージです。眼内コンタクトレンズとも呼ばれています。
眼球内にレンズを入れる位置によって、前房型と後房型と呼ばれる種類があります。

目の中にレンズを入れるには、どう入れるのでしょう?天功イリュージョンでレンズを眼球内にテレポートさせるのでしょうか?いえ、目を切ってレンズを入れます

どんなレンズを入れるのでしょう?長方形のような形の12~13ミリ程度のレンズを折りたたんだ状態で目の中に入れて、広げます。

ICLの色々な呼び方

「ICL」という名称についてですが、ICLは「Implantable Contact Lens(インプランタブル コンタクトレンズ)」の略です。「Implantable=埋め込み型」という意味です。

しかし、クリニックでもらった資料には「フェイキック手術ガイダンス」と書かれていました。ICLについて調べていると「フェイキックIOL(Phakic Intraocular Lens)」という表記もよく見かけます。翻訳すると「Phakic=水晶体」「Intraocular=眼内」という意味です。

翻訳でニュアンスはなんとなくわかったけれど・・・

佐藤さん
佐藤さん

ICLとフェイキックIOL…何がどう違うの?

『フェイキックIOL』というのは、日本語で言うと有水晶体眼内レンズです。
『ICL』というのは、アメリカのスター・サージカル社(眼科医療機器会社)の後房型レンズの製品名です。
日本で一番最初に厚生労働省に承認されたフェイキックIOLがICLです。

スター・サージカル社なんて初めて聞きましたが、2021年4月にスター・サージカル社のICL治療アンバサダーに河北麻友子さんが就任されました。河北さんもICL手術を受けたようですね。ナイスファイト!!

ちなみにICL手術の領収証には「有水晶体眼内レンズ挿入術」と記されていました。
※ICLは医療費控除対象なので領収証をもらいました。医療費控除については別記事をご参照ください。

ということで、『フェイキックIOL』というジャンル(有水晶体眼内レンズ)の中に、『ICL』という製品がある、ということです。食べ物で例えると「パン」というジャンルの中に「メロンパン」があるといった感じです。

ICLを入れる位置について~前房型と後房型~

上記でICLは「後房型レンズの製品名です。」と説明しました。では、後房型とは何でしょう?
ズバリ、レンズを入れる位置についてのことです。

前房型(ぜんぼうがた)・・・角膜と虹彩(こうさい)の間にレンズを挿入します。
レンズを折りたたまずに挿入するので、挿入するための目を切る範囲が6ミリ程度です。
角膜からの距離が近いので、角膜内皮障害のリスクが後房型レンズよりは高くなります。
前房型で使用されるレンズはオランダのOphtec社の『アルチフレックス』と『アルチザン』のようです。
後房型(こうぼうがた)・・・水晶体と虹彩(こうさい)の間にレンズを挿入します。
レンズを折りたたんで挿入して広げるので、挿入するための目を切る範囲が3ミリ程度です。
瞳孔機能に影響がなく、角膜内皮障害のリスクが少ないようです。
しかし、水晶体に近いので白内障の発生のリスクは前房型レンズよりも高くなります。
ただ、デザインの改良により白内障のリスクがかなり減っているようです。
後房型で使用されるレンズが前述したアメリカのスター・サージカル社の『ICL』です。

よって、『ICL』と呼ばれているものは一般的には水晶体と虹彩の間にレンズを挿入する後房型のものを言います。

ホールICLとは

一昔前のICLは、眼内の房水(眼の中を循環している水)の流れが悪くなり、眼圧が上がってしまい術後に緑内障になってしまうリスクが高い物でした。眼内の房水の流れを作るために、レンズに穴(ホール)を開けたものがホールICLと呼ばれます。

穴のサイズは0.36mmです。穴があいていることにより、目の中の房水の流れを妨げることがありません。ホールICLは2014年に厚生労働省の認可が下りていて安全性には問題がありません。今はホールICLが主流です。

ICL手術流れと目を切る位置

気になるICL手術の手順(流れ)です。

1.白目と黒目の境目を3ミリ程度切る
2.折りたたんだレンズを挿入
3.レンズを広げる
4.広がったレンズを固定させる

以上です!

皮膚と違い、切った部分を縫うことはありません。切開部分が塞がるまで時間はかかりますが、自然と塞がります。
手術後は白目と黒目の堺を切った部分に血が滲んでいて、ここ切ったな!とすぐにわかります。私の場合は4,5日で滲んでいた血は消えました。

眼球を切る位置
一般的には、白目と黒目の境の横(目尻側)を切ります
ただ、私の場合は上を切ってレンズを挿入しています。理由は、私の目は軽度の乱視状態であったため、上からレンズを挿入したほうが乱視を抑えることができるため、上から挿入しています。(レンズは乱視用ではなく通常のレンズを挿入しています。)
乱視が強い場合は、乱視用のレンズを挿入することになりますが、この場合は通常通り横からの挿入になります。

ICL切開位置
※病院によっても方針・判断が異なると思います。私が手術を受けた病院の話となります。

実際の血が滲んでいる手術直後の私の目の画像が気になる方はこちら

レーシックはほとんど機械によってオートメーションで行われますが、ICLは医師の手によって切開、挿入をするので時間もかかります。私が手術したクリニックでは両目で、レーシックは10分程度・ICLは30分程度要するとのことでした。

実はレーシックより長いICLの歴史

知名度的にはレーシックの方がかなり上ですよね。私は「ICL」という言葉を聞いたことすらありませんでした。また、健康診断で目の検査の際に、「コンタクトで矯正していますか?」と聞かれて
「ICLを入れています。」と回答すると「ICLって何ですか?」と検査を担当している方に聞かれました。
健康診断で目の検査をされている方でも知らないとはどれだけ知名度低いのでしょう!頑張れ!ICL!

そんな売れない下積み期間が長い芸人のような存在のICLですが実は結構芸歴長いのです。実はレーシックより長い歴史があるのです。

ICLの芸歴、見て行きましょう!

1986年 ヨーロッパで初めて使用される
1997年 ヨーロッパでCEマーク取得
2003年 日本で臨床治験
2005年 アメリカFDA 医療機器として承認
2010年 厚生労働省の承認(乱視なし)
2011年 厚生労働省の承認(乱視あり)
2011年 ヨーロッパでホールICLがCEマーク取得
2014年 厚生労働省の承認(ホールICL)

レーシックは1990年にギリシャのパリカリス博士によって考案されたので、ICLの方が先輩と言えるのでしょう。

メリット・デメリット[ICL手術経験者目線]

ICLにもメリットとデメリットがあります。ただ、総合的に見ると個人的にはレーシックよりメリットが大きいと感じています。

ICLのメリット

に戻せる!
万が一何かトラブルが生じたときは、眼球内からICLを取り出すことができます取り出してしまえば元通りで可逆性があるということです。レーシックだと角膜を削る為、元に戻すことはできません。
元に戻せる、これが私にとって一番の安心材料になりました。レーシックの元に戻せないという所がかなり引っかかっていました。削ってしまったら再生しない角膜。片道切符怖い・・・。失敗してもどうにもならないんだなという恐怖です。
ICLであれば、往復切符があるというイメージです。トラブルが生じたら、入れたレンズを取り出して元に戻せばいいのです。

視戻りがない
レーシックと違い、角膜を削ることはないので近視が戻ってしまうリスクがありません
「近視戻り」については別記事をご参照ください。

ライアイの影響がほぼない
レーシックは角膜を削る為、神経が損傷してしまいドライアイになることがあるのですが角膜を削らないICLは、手術の影響でドライアイになることはほぼ無いようです。
私の場合ドライアイが進行していたので、かなりポイントが高いメリットでした。

度近視・遠視・乱視でも施術可能
レーシックでは難しい範囲の強い近視でもICLでは可能な場合が多いです。
なぜなら、眼球内に入れるレンズに自分の視力に対応しているレンズがあれば良いからです。

え方の質が高い
レーシックとは違い角膜を削らないので見え方の質が高いと言われています。

外線カット
ICLのレンズは、紫外線カット機能が備わっているので紫外線をカットできます。

ICLのデメリット


金額が高い!値段が高い!価格が高い!お金がかかる!高額!値が張る!高値!高価!(ICLへの悪口として色んな言い方してみました。)
レーシックより高いです。レーシックの2倍程度と考えてください。
金額については別記事を参考にしてください。

金額は大問題ででし
私自身、手術の内容的にはICLがいい!と思いつつ躊躇ってレーシックにしようと思っていたのはICLが高額だった為でした。

術時間が長い
長いと言っても30分程度なのですが・・・。レーシックは10~15分程度で終わる病院が多いです。レーシックは機械でオートメーションで行われるのに対し、ICLは医師の手によって行われる手術なのでどうしても時間は長くなってしまいます。
30分くらいなら、と思われる方もいるかもしれませんが、人生最大の恐怖が30分も続き、精神的な疲弊度はとても大きかったです。手術の間はずっと全身硬直状態でした。

後の制限が多い
レーシックと異なり、ICLでは目を切ります。よって、レーシックより術後の制限がやや厳しかったです。1週間、洗髪・洗顔・入浴不可・飲酒禁止など!
会社勤めの人は厳しいかなと思う制限でした。ただ、目にバイ菌が入って化膿して失明したり、目に何かあっては大変なので術後は厳しい制限に従い、大人しくしておきましょう。

ロー・グレア
レーシック同様にハロー・グレアの症状は出ることがあるようですが角膜を削っていない為、影響はレーシックより軽度と言われています。
私自身、夜街灯を見ると光の輪が見えますがそこまで気になるものではありません。むしろちょっと“綺麗だな”くらいに思っていて、あえて街灯を見つめたりしています。(怪しい人)
これはレンズにあいている穴の影響のようです。

の形状によっては手術不可
水晶体と虹彩の間の狭いスペースにレンズを挿入するため、角膜と水晶体の距離(前房深度)が浅い場合は難しいようです。
自分ではわからない事なので、クリニックでしっかり検査をしましょう。また、レーシックと同様、目の状態によってできる・できないがあるので検査の上でしっかり説明を聞きましょう。

に強い衝撃を受ける人はNG
スポーツなどで頭に強い衝撃を受ける人は、レンズがずれてしまう可能性があるのでICLは適さないです。むしろレーシックの方が合っているでしょう。
ボクシングなど格闘技をする人や、物凄く腹が立つ人に人生を掛けた全力の頭突きをする予定がある人、スイカ割りは絶対に頭で割る派の人・・・とか?はICLは向かないでしょう。(きっといる。きっとそう。)

タイトルとURLをコピーしました