寄稿・執筆依頼はお問い合わせフォームからお願い致します。▶▶

【モラハラ証拠集め】モラハラからの逃走準備|バレない保存方法

バレない証拠保存方法離婚調停
離婚調停

夫のモラハラが原因でモラ夫の仕事中に逃走、その後「婚姻費用分担請求調停」を自分で申し立て、離婚調停に発展、無事離婚に至った102号室の自称「調停離婚界の伝道師」渡部です。

モラハラの証拠ってどんなものが有効なの?言動だから証拠がない!と思っている方も多いと思いますが、モラハラを受けたら、言われたこと・されたことを記録に残しましょう。(絶対)

渡部さん
渡部さん

すぐに離婚を考えていない場合でも今から記録!

いざ離婚となった際、モラハラの加害者側は「モラハラなんてしていない」と言い張ります。
モラハラはDVと違って目に見える証拠がないので、日々記録していくことで証拠になります。
特に無視という行為は、録音や写真で残せる証拠ではないので都度記録をつけることが大事です。

また、モラハラを長期間受けていると精神的に憔悴しきって判断力が鈍りがちになり、後から何をされたか思い出そうとしてもなかなか出てこないものでもあります。日々記録を残すことが非常に重要なポイントとなります。
実際証拠がなくて裁判で負けてしまった、という声も聞きます。

ただ、記録しているものをモラ夫に見られてしまったら大惨事です。
私の場合は、見つかったら殺されるんじゃないだろうかと思っていました。
命がけで記録して見つからないように隠したノウハウ・実体験実際の資料画像つきでお届けします。

スポンサーリンク

モラハラをされたとき記録する内容

モラハラ的な言動のほか、舌打ち大きな物音をわざと立てられたこと、無視をされたことも記録しました。
もちろん、暴力を振るわれた・モラ夫が原因でケガをした場合も必ず記録しましょう。
アザができた、出血した等、見てわかるものであれば写真も撮っておきましょう。

また、私の場合モラ夫に虚言癖があり、後に弁護士を通して私に色々買わされたという主張をしてきたので、モラ夫が家電やゴルフクラブなど私に相談なく、自ら高額な商品を買った履歴も、後から遡って資料化しました。

無視は日常茶飯事すぎて記録の量も多かったですが、どんなタイミングで無視が始まったか記録するようにしておきました。
夕食は普通に会話をしながら食べていたのに、食後にモラ夫がトイレに入り、出てきたら無視が始まり翌日まで続いたり、ということが多かったので記録していました。

渡部さん
渡部さん

モラハラの言動の他にも記録しておくべき内容があります。

もし調停や裁判で決まった支払いが滞った場合、強制執行で給料を差し押さえることができます。財産分与を算出する際に、預金額を教えてくれないことがあります。このとき、裁判所が命じれば「調査嘱託」といって、裁判所から銀行に預金額を問い合わせをしてもらえます。
ただし、銀行口座がわかっていないと調べてもらうことができません。口座番号がわからなくとも最低限、銀行名と支店名は把握しておくようにしましょう。
上記のことから、銀行口座は全て知っておいたほうがスムーズに事が運びます。
財産分与の対象である年金手帳の基礎年金番号なども念の為、控えておきました。

記録する内容 ※日時は必ずメモすること
合格モラハラの言動(無視や舌打ちも含む)
合格無視をされた経緯、どのくらい無視が続いたか
合格銀行口座
合格浮気の疑いがあれば証拠

モラハラ内容はどこに記録?紙は絶対NGな理由

ノートや日記という物理的に手元に残るものは、危険すぎて無理と判断しました。
家のどこかに隠したとしても、見つかった時の事を考えると絶対に無理です。
物品として存在している限り、どんなに入念に隠したとしても「絶対に見つからない」確率は0とは言えません。

また、バレないように保存するだけではなく、いざという時に証拠として提出できるように、弁護士や警察、女性センター、調停員などあらゆる相談先の人に見てもらうことをふまえ、わかりやすくまとめておくことも大事です。

見つからないこと・まとめることを考えると、紙ではなくデジタルでの保存が最適です。

私はLINEのノート機能に記録を残していました。
もしスマホを奪われて恫喝され、パスワードを解除させられて無理矢理見られたとしても、見つからないよう工夫しました。

渡部さん
渡部さん

あらゆる可能性を考えて、慎重に対策しないとね・・・

また、定期的にLINEにメモした内容をExcelやWordで資料化し、その資料をクラウドストレージ上に保存しておきました。

①LINEにメモ(記録) 【都度】
②Excel、Wordで①を資料化 【月1程度】
③クラウド上に保存
④USBに保存し、印刷【必要時】

LINEのノート機能を使ってのメモ

日々のモラハラはLINEのノート機能にメモしておきました。トイレにこもってポチポチと都度メモをしていました。ただメモするだけではなく、もしもの時の為に何重にもバレないように工夫をしていました。

1.LINEで自分だけのグループを作成

友達画面の右上から「グループ作成」で、友達を選択せずに「次へ」を押すことによって自分だけのグループを作成できます。
ポイント
グループ名は見られた時のことを考えて、怪しまれない名前に!

2.ノートにメモ→コメントとして日々メモ

1.で作成した自分だけのグループにトークとして投稿しても良いのですが、もし万が一モラ夫にスマホを奪われ見られた時のことを考え、すぐに見つからないよう、トークではなくノートにメモしていきました。
ノートも、開かれてすぐにバレないように、ノートを押して表示される画面には全然関係ないことをメモしてるように見えるよう、バスの時刻表の画像を貼ったりしていました。
また、一つのノートを編集して書き連ねていくことで資料化する際、コピーするときに楽です。

ただ、とても重要な内容はノートの編集ではなく、コメントとして入力しました。
なぜなら、コメントとして入力すると自動的に投稿日時が表示されますよね。
ノートで自分で日時を入力すると、裁判になった場合に証拠として提出する際、後で入力を追加した疑惑が持たれたり指摘されることを懸念し、コメントで入力していました。

内容はダラダラとした思い・気持ちを述べるのではなく、事実を入力するようにするのと気持ち的な内容はさらっと思った事程度にしておきましょう。

ポイント
後に証拠として提出することも意識して入力していくのがコツ!

3.トークを非表示にする

ノートに入力が終わったらトークは忘れずに非表示にしましょう。
いつ何があるかわからないので慣れに甘えず毎回非表示を徹底していました。
私の場合は、モラ夫がどんなに機嫌よく過ごしていても、数分後には無視をされたりすることが日常でした。油断せずに非表示にすることを徹底しましょう。

ポイント
必ず毎回非表示にすること!

記録した内容を資料化

LINEで日々のモラハラを記録していくとどんどん情報が溜まるので、一定の期間でExcelやWordに落として資料化していきましょう。
提出するときのことを考え、A4サイズに収まるようにまとめていきます。

まずはPC版のLINEをインストールします。PCからLINEにログインし、ノートの内容をコピペして資料化していきます。

渡部さん
渡部さん

いつか全部まとめて資料化しようと思って溜めてしまうと後から結構大変…

このまとめて資料化する作業、結構大変なので隙を見て1か月~3か月毎にまとめることをおすすめします。
以下、参考までに私が作成した資料の実物です(笑)
もちろん、私にもモラ夫にもプライバシーがあるのでモザイク・ぼかしだらけで申し訳ないのですが・・・。雰囲気だけでも掴んでいただければと思います!

LINE内容のまとめ

浮気疑惑があった為、私に隠れて会おうとしていた元カノとのやりとりや、虚言癖の証拠となる内容など、主に他人とのやりとりで証拠をおさえられたものを載せました。
自分とのやりとりは、いつでも開示できるのであえて資料化しませんでした。

▼LINE内容をまとめた資料
LINE証拠

プライバシーの観点でモザイク多めにかけていますが、イメージとしてこんな感じと掴んでいただけたらと思います。
キャプチャーに補足文章を記載しています。

モラハラ記録内容・概要

まずは自分とモラ夫の基本情報を記載し、あとは交際開始年月同居開始年月入籍年月日などの略歴を記載しています。1枚目は概要を入力しましょう。
調停の申し立て書類にも「同居開始日」の記入欄があるので、忘れがちな基本的な歴史は振り返って記載しておくと便利です。(弁護士事務所でも、女性相談所でも、警察でも、時系列は必ず聞かれたので、簡単な時系列の年表も別途作成しました。)

また、調停や裁判で決定した支払いに対して支払いが滞った場合に、強制執行で給料を差し押さえることができるので、モラハラ相手の勤め先情報も把握しておくようにしましょう。

第三者が見て、パッと概要が理解できるように意識して作成しましょう。
無料弁護士相談だと、30分間無料の弁護士事務所が多いです。口頭で伝えるより、概要書類を見てもらい読んで把握してもらう方が圧倒的に早いです。

▼私が作成した実際の概要資料

モラハラ証拠
ポイント
第三者が読んで、サクっと理解できる内容の概要にする(本でいう「あらすじ」のような感じ)

モラハラ記録内容・詳細

2ページ目以降は日々のモラハラの詳細を記載していきます。このとき、年月日も入力するようにしましょう。年月日があったほうが証拠として有効になりやすいです。

▼私が作成した実際のモラハラ記録の資料

モラハラ証拠2
ポイント
・LINE等画像の証拠がある場合は、文章と共に載せる
・モラハラ加害者によってケガをした場合は画像も載せる

カード類の記録

モラ夫の通帳が一切見当たらなかった為、キャッシュカードを撮って口座番号を記録しました。
お財布を拝見した際、消費者金融のカードも出てきてビックリ。。。

▼私が作成した実際のカード類の記録資料

口座とカード類

クラウド上に保存で隠しきる

ExcelやWordで資料化したファイルの保存先は、クラウドストレージに保存しておくのが手元に何も残らず安全です!オンラインストレージとも呼ばれます。(厳密な解釈の違いは割愛)

☁クラウドストレージとは?
クラウド=雲 ストレージ=保管するための記憶装置
その名の通り、ネット上にデータを保管できるサービスです。
一定の容量までは無料のサービスも多く、端末(スマホやPC等)にデータを保管せず、ネット上に保管するのでいつでもどこでもデータを取り出せます。

クラウドストレージサービスは無料のものが何種類かあるので、自分が使いやすそうなものを選びましょう。各サービスによって、容量に違いがあったりします。
また、どのサービスでもログインIDとパスワードを入力するので、他人に見られることはありません。(逆にIDとパスワードを知られてしまうと見られてしまうので注意)

クラウド上に保存しておけば、漫画喫茶などインターネット環境さえあればどこでも作業できて便利です!

私が使ったことがあるクラウドストレージを紹介します。

OneDrive
Microsoft社のサービスです。

Dropbox
世界で約6億人が使っているらしいです。

Googleドライブ
Googleのサービスです。Googleアカウントでログインしている場合、「マイドライブ」にアクセスするとすぐに見ることができるので、見つかってしまう可能性が高めかもしれません。

また、オンラインのノート機能として「エバーノート」というサービスもあります。こちらも仕事でもプライベートでもよく使っています。無料のサービスです。
LINEではなく、Evernoteにメモしていくのも手ですね。
🐘Evernote

ポイント
・IDとパスワードは端末に自動保存しないように!

印刷するときはUSBに保存

クラウドストレージ上に資料を保存しておき、印刷が必要な際はUSBメモリーに保存してコンビニで印刷していました。
念の為、ファイル名はバレないようなタイトルにしていました。
USBメモリーは見つからないよう入念に隠していました。

安全性を高めるために、USBメモリーだと一目でわからないものを選ぶのも対策のひとつです!

カードタイプでお財布に隠せる!
【8GB:2,074円】

わずか1.9ミリのカード型USBメモリ
ブレスレット型は肌身離さず安心!
【16GB:1,080円】

おしゃれなブレスレットリストバンドのデザイン

記録することは大事ですが、見つかってしまい身に危険が生じては本末転倒です。
証拠は安全に、モラハラ加害者の目につかないように保存するように細心の注意を払いましょう。

タイトルとURLをコピーしました