寄稿・執筆依頼はお問い合わせフォームからお願い致します。▶▶

【解説画像】養育費・婚姻費用算定表の見方|読めばわかる!

養育費と婚姻費用算定表の見方離婚調停
離婚調停

夫のモラハラが原因でモラ夫の仕事中に逃走、その後「婚姻費用分担請求調停」を自分で申し立て、離婚調停に発展、無事離婚に至った102号室の自称「調停離婚界の伝道師」渡部です。

結婚はしていて別居をしている場合、収入が多い方が低い方にお金を支払い、夫婦の生活レベルを平等にしましょうというものです。

では、婚姻費用でもらえる金額はどのくらいなのでしょうか?金額はどうやって決めるのでしょう?
婚姻費用算定表という裁判所が公表している表から目安となる金額を算出し金額を決めます。
婚費の算定表ですが、理解すればそういうことなのか!と思える表なのですが、実は私、最初に表を見た時この色付きの段々になった表はどうやって見るのだろう?とわかりませんでした・・・。

渡部
渡部
 
 

この段々の表、理解できん・・・

ネットで検索した自動計算ツールもちょっと高すぎる金額が出るものや、低くないかな?と思う金額が出たり、最新の算定表のデータの金額なのかな?と疑わしい物が多く・・・

ということで、婚姻費用算定表の見方を誰でもわかるように専門用語なしで解説していきます。
※養育費算定表も見方は同じです!

スポンサーリンク

婚姻費用算定表とは?

婚姻費用を決めるために、標準的な婚姻費用を簡易的に算定することを目的として作成された、裁判所で公表している表です。婚姻費用をもらう側と支払う側の収入から、おおよそいくらという金額を確認することができます。
ただ、この表の金額が絶対!というわけではなく、最終的な確定金額はいろいろな事情を考慮したうえで当事者同士の話し合いのうえで決める事が出来ます。婚姻費用分担調停では、支払う側としては当然金額を抑えたいですし、もらう側は当然少しでも多い方が助かるわけで、熾烈な争いが繰り広げれます。
しかし、よほどの事情がない限り、婚姻費用算定表で算出される金額から大きくズレた金額で決まることはほぼないかと思います。

この表は、司法研究をして作られている物なのである程度、生活に必要な金額・支払いに無理のない金額がリアルに設定されているものです。

▽婚姻費用の詳細は関連記事の「婚姻費用分担調停」をご参照ください。

金額が見直された算定表

養育費算定表と婚姻費用算定表は、平成30年度の司法研究の内容を踏まえ見直しが行われ、令和元年に改訂した算定表が公表されました。
それまでは、平成15年の統計データから作られた表で、現代の生活様式と合っていない昔の経済情勢に合わせた金額になっており、今はその金額では足りませんよ、子育てできませんよといったような内容(金額)でした。約15年前のデータを元にしていたため、見直しを求める声も多くあがっていました。

令和元年12月に新しい算定表が公表され、今は「令和元年版」の表が用いられています。
全体的に見直し前の算定表より増額されています。

養育費・婚姻費用算定表はどこで見られるの?

養育費と婚姻費用算定表は、裁判所のサイトから確認可能です。

▽「養育費算定表」と書いてありますが、開くと「養育費・婚姻費用算定表」となっており、婚費の算定表も含まれておりますのでご安心ください。

上記は、令和版の最新の算定表なのでご安心ください。

養育費・婚姻費用算定表の見方

さて、次に算定表の見方についてです。冒頭で述べたように最初はよく理解できませんでした。裁判所サイトにある説明のPDFは5ページあり、読む気が起こらない&読んでも難しい言葉が並んでいたのでそっと閉じました。ということで、誰でもわかるようにざっくりと説明をしていきます。

該当の表を選ぶ

表は大きく分けて<養育費><婚姻費用>の2種類で、それぞれで子供の数、子供の年齢別に表1~19までわかれているので、該当する表を見つけます。

裁判所のサイトではPDFのタイトルが、「(表7)養育費・子3人表(第1子15歳以上,第2子及び第3子0~14歳)(PDF:548KB)」のようになっていて、ちょっと見づらいので表にしてみました!
下記の表から、子供の数、年齢をもとに表1~19どれに該当するのか探してください。

養育費・婚姻費用の種類表
・「婚姻費用」で子供がいない場合は、[表10]が該当の表となります。
・裁判所のサイトから該当する番号の表のPDFをポチっと押して開きましょう。

表の見方

表のPDFを開くと、大量のマス目にところどころにガタガタと色が塗りつぶされた表が出てきます。
この表で縦のラインで相手の年収を、横のラインで自分の年収を確認します。
同じ数字がない場合は、前後(左右)で近い方の数字を採用します。
※相手の方が年収が多い(読んでいる方がもらう側)として説明しています。

表の概要
・義務者:養育費や婚姻費用を支払う側です。(縦)
・権利者:養育費や婚姻費用をもらう側です。(横)
・外枠の数字:給与所得の年収です。(会社勤めの人)
・内枠の数字:自営業者の年収です。

合格補足:年収にあてはめる金額について
・年収の金額は、源泉徴収票の「支払金額(控除されていない金額)の数字をあてはめます。課税証明書であれば「給与収入の金額です。(※「給与所得」の金額ではありません。)
・専業主婦など働いていない場合は「0」で確認します。

表の見方(例)

では、例を用いて見ていきましょう。夫の年収500万円、妻のパート収入250万円を想定しています。

養育費・婚姻費用算定表の見方

<例>
夫が会社勤めをしていて年収500万円
→縦のラインの外枠(給与)列の500のラインを見ます。(部分)
 
私がパート勤めをしていて年収250万円
→横のラインで250の列を見ます。(部分)

夫と自分の年収のラインがぶつかった所(■部分)を確認

上記■部分が塗りつぶされているエリアに書かれている金額が、支払われる目安となる金額です。(猫と猫の間)

➡「2~4万円」が毎月支払われる金額の目安です。

※この表はあくまで見方の例であり、表1~19によって数字は異なっているので、みんなだいたい2~4万ということではありませんのでご注意ください。

まとめ

いかがでしょうか。表の見方、わかりましたでしょうか。
わかれば簡単なのですが、私は最初、縦と横でぶつかるところまで確認し、それで一体いくらなの?というのがわかりませんでした。ぶつかった枠と同じ塗りつぶし範囲に書かれている金額、ということがわからなかったのです。

また、一度決められた養育費や婚姻費用でも経済状況が大きく変わったなどの事情がある場合は、減額請求や増額請求を行うことができ、調停を申し立てることも可能です。

タイトルとURLをコピーしました