寄稿・執筆依頼はお問い合わせフォームからお願い致します。▶▶

モラハラの相談先【弁護士】

相談先_弁護士離婚調停
離婚調停

夫のモラハラが原因でモラ夫の仕事中に逃走、その後「婚姻費用分担請求調停」を自分で申し立て、離婚調停に発展、無事離婚に至った102号室の自称「調停離婚界の伝道師」渡部です。

モラ夫の相談は、女性センターや警察にも行きましたが今回は「弁護士」に相談した実体験談を書いていこうと思います。

本当に弁護士さんによって意見が人それぞれ!相性もかなり左右されます。
私自身の経験から言えることはなるべく沢山の弁護士さんの話を聞いてみることです。
理由を詳しく書いていくので、是非参考にしてください。

スポンサーリンク

譲れない条件「無料」

弁護士さんにお願いすると「金額が高い」そんな印象を持っていました。実際私は弁護士さんに頼まず自分で調停を起こしました。
だって・・・お金がないから!(切実)
着手金の相場はだいたい20~30万くらいです。
着手金だけでですよ!そのほか成功報酬を支払わねばなりません。
キツイ・・・
また、妙なプライドも発動。どうしてモラハラされた被害者なのにお金を払わないといけないの?!

お金がなくても、無料で相談できたり費用を抑えるプランがある弁護士事務所もあるので、まずは無料相談で話を聞いてみることを推奨します。
相性が良い弁護士さんに巡り合えた場合に、費用と相談しつつお願いすると良いと思います。

国が設けた法律案内所『法テラス』

「法テラス」聞いたことはあったのですが実際どんな機関なのか知りませんでした。
経済的に余裕がない人に対して、無料で法律相談ができる国(法務省所管)が設けた相談窓口です。
私は民間の法律相談案内所だと勘違いしていました・・・。

相談するためには条件が2つあります。

一つ目の条件【資力基準】
収入要件
本人と配偶者の月収が法テラスの定めた条件以下の金額であること。
※離婚事案の場合は配偶者の月収は合算しません。
資産要件
本人と配偶者が保有する資産(不動産や有価証券等)が法テラスの定めた条件以下の金額であること。
※離婚事案の場合は配偶者の月収は合算しません。
二つ目の条件【民事法律扶助】
収入要件
民事法律扶助(みんじほうりつふじょ)とは、経済的に余裕のない人が民事事件で法的トラブルにあったときに、弁護士に依頼する費用を支払うことが難しい際、その費用を国などの公的機関が給付したり立て替えたりする制度のことです。この趣旨に適していることが要件となります。
「資力基準」とか「民事法律扶助」とか普段使わないような言葉を使ってくるあたり、国のお仕事感を感じます。正直、わかりづらい!
詳細は、法テラスのサイト内の「無料の法律相談を受けたい」をご確認ください。
 
ざっくり言うと、離婚問題の場合は、自分の手取り月収が18万2千円(東京とか生活保護の基準一級地の場合20万200円)以下で、自分の資産が180万以下の場合は無料で相談できます!ってことです。
資産とか証明しようがないと思うんですけどね・・・

 

私の場合は、相談当時仕事はしておらず、家も賃貸で資産もなかったので、相談できる対象でした。(モラ夫の収入はそこそこありましたが、配偶者の月収は合算しないため大丈夫でした。)

条件によって1つの問題につき3回まで相談無料です。

電話で予約をし、予約日時に法テラスの事務所に向かいました。(全国にあります。)
1回の相談時間は「30分程度」とされているので、聞きたいこと伝えたい経緯はまとめて行きましょう。
ちなみに私の場合は・・・弁護士さんと相性が合わず、でした。
こちらで弁護士さんを選べないですし、離婚問題強い弁護士さんに当たるとは限らないです。

各市区町村の無料法律相談

各地方自治体でも無料法律相談を実施しています。
ただ、曜日・時間が限られていて、予約が埋まっていることもあるので場合によっては1か月後になることもあります。
早めに予約するようにしましょう。

私の場合は、2週間近く先の日程での予約となりました。(モラ夫と住んでいた住所の区の無料法律相談に予約)
ただ、自治体の無料法律相談は弁護士さんを選べるわけではないので、相性は運次第になるかと思います。
ちなみに私の場合はモラハラを理解してもらえず傷ついて帰ってきました。。。
女性の弁護士の方でしたが、モラハラを理解していただけず「大袈裟な・・・」とか「あなた何がしたいの?」等言われました。

ただ、本当に弁護士さんによります。自分に合う弁護士さんを探すため、一人でも多くの弁護士さんの話を聞いたほうが選択肢が増えるので、利用してみるべきだと思っています。

自分が住んでいる市区町村名+「無料法律相談」で検索すると情報が出てくると思いますので調べてみてください。

モラ夫から逃げた先の住所管轄の女性センターでも無料法律相談の弁護士さんを紹介してもらえました。
こちらで紹介してもらった弁護士さんはモラハラを理解してくれて、慰謝料を取ろう!と考えが変わったきっかけになった一人でもあります。
本当に相性は人によります!

弁護士事務所の無料相談

選定するのにすっごく時間かかりましたが、何件かモラハラに強そうな弁護士事務所をネットで検索して探し、無料相談をやっているところに電話をしました。
なるべく、離婚調停に強い弁護士やモラハラ対応に強い弁護士にお願いしたいところです。

しかし、口コミとか体験談があまり出回っておらず、結構時間をかけて検索しました。
弁護士事務所のサイトをみるとそれなりによさそうな感じで書かれているのですが、サイトは何とでも書けますからね・・・(実際、モラ夫側の弁護士のサイトは離婚専用のページがあったり、離婚調停に強い印象を持ちましたが、離婚問題に強い弁護士さんに聞いたところ、名前も聞いたことがないとのこと。さらには実際に調停でやり取りして、墓穴を掘っているところがあったり自分だったらこの弁護士さんには頼まないなぁという感想を持ちました。)

モラハラ案件に力入れているようなことがサイト上に書かれていてとてもよさそうだったけど、実際会ってお話してみると非常に事務的で相性が合わなかったり。。。

逆に、サイトではなんだか弱そう・・・大丈夫かな?と思っても(ごめんなさい)、会ってお話してみると一番モラ夫にえげつない制裁を与えるような提案をしてくれたり!

Webサイトだけではわかりません。直接会って話をして判断しましょう。

また、自分で交渉や離婚調停を行う人向けのサポートプランがある弁護士事務所もありました。
調停や交渉をメインは自分で行い、弁護士さんは助言やアドバイスを行うといった内容です。
私が行った弁護士事務所では5万円でした。(通常の離婚調停の依頼だと着手金30万+成功報酬)

サポートプランがある弁護士事務所もある

弁護士相談のポイント

・無料相談は30分が多い
ごく稀に1時間のところがありますが、無料相談の場合30分としている弁護士事務所が多いです。
30分はあっという間です。30分で相談する内容を頭の中で整理しておきましょう。

・概要は資料化しておく
モラ夫との出会い等の経緯と、モラハラの記録は資料としてまとめておくと良いです。
しゃべるより、実際にサッっと目を通してもらう方が早いです。
目を通してもらい、それから概要を口頭で伝えていくと効率が良いです。

・なるべく沢山の弁護士さんにあって話を聞く
何度も言いますがやはり人間同士なので相性があります。弁護士によっても考え方が異なります。
モラハラに理解がある方もいますし、無い方もいます。

女性弁護士のほうがわかってもらえるんじゃないかと思っていましたが、私の場合女性の弁護士さんに「あなた何がしたいの?」等言われ、凹んだことがありました。(モラハラ相談は男性弁護士のほうがむしろ良い、という意見もネットで見かけました。)

よって、先入観は持たずとにかく会って話して考えましょう。
予約をしたり、何度も同じ話をするのは大変ですが、自分のためにできれば多くの弁護士さんに会ってください。

・離婚に強い弁護士さんを選ぶこと
やはり弁護士界では、離婚に強い弁護士さんは名が通っているようです。
しかしこれはネット上では判断が難しいなと思いました。
いかにも離婚強いです!というサイトに作り上げられていても微妙だったり・・・(まぁ夫側の弁護士のことなのですが)
お金払えばそれなりのサイト作れます。
これは会ってみて判断するとか、口コミ・評判を聞けたら良いのですけどね。もし周りに弁護士さんにお願いをして離婚している人がいれば、聞いてみるのも手だと思います。

弁護士相談の心得

どの弁護士事務所でも、契約させようとか営業色が一切なかったのが印象的でした。
私の場合は、モラハラの証拠はしっかり揃えてあり、モラ夫は平均年収の3倍ほどの年収だったので、裁判になったときに負けたり支払ってもらえない等の不利な条件ではなかったと思います。それでも契約させようというトークはどこの弁護士事務所でもありませんでした。
無理に契約させようとしてこないので、安心して行ってみて欲しいです。

最後に言いたいことは、弁護士さんは合わない人とは合わないと割り切ること!
モラハラで精神的ダメージを受けていると冷静な判断ができないことも要因かと思いますが、色々な弁護士さんの話を聞いては毎回自分の考えが二転三転しました。

毎回、うんうん!と弁護士さんの話に納得し、この弁護士さんにお願いしようかな?と思うのです。
でも、別の弁護士さんのお話を聞くと、こっちの先生のお考えもごもっともだ!とまた違う意見にも納得するのです。

否定的なことを言われることもありますが、傷つかずに、合わないと割り切って心の中であっかんべーして帰りましょう。
向こうは法律家ですし、年収も学力も明らかに自分より上。否定されると何となく自分が間違っているんだ・・・と思って凹んでしまうのですが、弁護士だからって偉いわけでも正しいわけでもありません。
私は昔、裁判傍聴にハマって一時期朝から夕方までずっと傍聴している時期がありました。
傍聴を通して色々な弁護士さんを見てきましたが、人としてそれってどうなの?と思う方もいました。法廷の場ではなく、エレベーターで一緒になった際に、被告の家族とゲスい話をしている弁護士もいました。(上手くごまかせましたね、とか・・・)

先入観を持たず、一時的な感情で判断せず、なるべく多くの意見を聞くようにしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました