寄稿・執筆依頼はお問い合わせフォームからお願い致します。▶▶

【例文あり】誰でも書ける!「事情説明書」|婚姻費用調停の書類記入方法

書類Bのタイトル離婚調停
離婚調停

夫のモラハラが原因でモラ夫の仕事中に逃走、その後「婚姻費用分担請求調停」を弁護士なしで自分で申し立て、離婚調停に発展、無事離婚に至った102号室の自称「調停離婚界の伝道師」渡部です。

婚姻費用分担請求調停を申し立てる際の必要書類について、法律の専門家でもなんでもない一般人の私が誰でもわかるように、わかりやすく図解つきで説明します。
このページでは婚姻費用分担調停の「事情説明書」の記入方法(B)について説明していきます。
裁判所のサイトでも、記入例が載っていない「事情説明書」の書き方が例文つきで書かれているのでこれを読めば誰でも記入ができるようになります。

本サイトでは、わかりやすいように各必要書類にアルファベットを振って説明しています。

説明内容B

<免責>(言い訳)
当方ずぶずぶの素人、一般人であり法律家でもなければ高学歴の人間でもないので、自己解釈な面もございますので、一意見として読んでいただければと思います。ただ、書類に関して後日ダメ出しをくらった等のトラブルはありませんでした。

スポンサーリンク

事情説明書の概要

事情説明書は、申立書のように複写になっておらずA4サイズ1枚だけの書類です。この書類は、相手(夫)には送られませんが、裁判所が相手から開示を求められた場合は閲覧を許可する可能性があります。そのため、見られたくない場合は「非開示の希望に関する申出書」を添付し提出しますが、「非開示の希望に関する申出書」も絶対に相手に見せませんよと保証されている物ではないので、万が一相手に見られても刺激を与えない内容を意識して記入しましょう。

事実説明書の内容は、申立てのきっかけ・動機の記載や調停時に対立すると思われる事項、自分と夫それぞれの月収や家賃などです。

 Point 
この書類は、相手方(夫)から閲覧・コピーの申請が裁判所にあった場合、裁判官の判断により開示される可能性があります。よって、相手に見られたくない場合は[非開示の希望に関する申出書]を記入し[事情説明書]に添付する必要があります。
※ただし必ず非開示になるものではありません。
※非開示の希望に関する申出書の記入方法は別ページにて説明します。

「事情説明書」の書き方と記入見本

申立てのきっかけ・動機を記入する欄がありますが、特に難しく考える必要はありません。ありのままの理由を簡潔に書けば良いです。筆記試験でも何でもなく、この書類の内容によって婚姻費用の金額が決まるのではなく、金額はあくまで調停時の話し合いによって決まるものなので、あまり身構えずに家庭裁判所・調停員にわかりやすく『伝える』ことを意識してサラッと書きましょう。

事情説明書記入例

■上部の事件番号 

上部に事件番号の記入箇所があり、「期日通知書等に書かれた事件番号を書いてください。」と書かれていて、この用紙は申し立てた後で提出するものなの?と混乱します。こちらは、申立時に提出する書類で間違いありません。申し立てる段階では当然事件番号は発生していないので書きようがないです。空欄で大丈夫です!

事件番号」とは?と思われる方もいると思いますが、これは調停事件にあたるようです。事件には事件記録符号というのがあり、家裁での家事調停事件の事件記録符号は「家イ」なので、離婚調停や婚費調停だと事件番号は[令和〇年(家イ)第〇〇〇〇号]といった番号が振られます。(予備知識!)

■1 今回あなたがこの申立てをした「きっかけ」「動機」を書いてください。
第三者(家庭裁判所)に伝わりやすいように、婚姻費用調停を申し立てたきっかけや動機を簡潔に事実ベースで書きましょう。また、感情を含めてしまうとわかりにくくなるので、「こんなつもりじゃなかったのに悲しい」「別居は夫の不貞が原因なのになぜ私が出て行かないとけないのかわからない」などのような、感情メインで実態がわかりにくい書き方はしないように気をつけましょう。

例文1(私の場合)
夫(相手方)のDV・モラハラが日常的にあり、ベッドで寝られず床で寝ることや家の中に入れてもらえないなどの行為があり、一般的な日常生活を送ることが困難な状況にあったため、家を出て別居しています。夫の意見に反することを伝えると激昂される為、別居について話し合うことができない状況のため、申立てました。
例文2(妄想)
夫(相手方)が、別の女性と交際していることが発覚し、指摘したところ家庭内で暴力を振るうようになった為、同居することが難しくなり別居をしています。話し合いにも応じず、生活費の支払いもない状況の為、今回調停を申し立てました。

■2 調停・審判で対立すると思われることはどんなことですか。
この項目は、調停時に揉めそうな内容にチェックを入れる選択式になっています。選択肢は「申立人の収入額」「相手方の収入額」「申立人にかかる費用の額」「子にかかる費用の額」「婚姻費用の取り決めの有無や内容」「その他」とあり、複数チェック可です。該当するものにチェックを入れましょう。

私の場合は、夫が私に給料明細や源泉徴収票を見せてくれず、年収を隠されていたこともあり、収入を低めに提示してくることが予想されたので「相手方の収入額」にチェックを入れました。また、婚姻費用についても払わないと主張してきたり、金額についても揉めるであろうと予想がついたので「婚姻費用の取決めの有無や内容」にチェックを入れました。(婚姻費用の内容にあたると判断)

■3 それぞれの同居している家族について記入してください
自分(申立人)と相手(夫)の情報と同居している家族の氏名・年齢・続柄・職業等を記入します。
左の「申立人(あなた)」欄に自分の氏名・年齢・続柄[本人]・職業等を記入し、親や子供など同居している家族がいる場合は、同居している人の情報も記入します。
右の「相手方」欄には夫の情報を記入します。(もし、夫と同居している場合は左の申立人欄に記入します。)

■4 収入状況について記入してください。
自分(申立人)と相手(夫)、それぞれの収入の金額を記入します。月収は手取り金額を記入します。あらかじめ「万円」と印字されているので、桁を間違わないように気をつけましょう。(手取り金額が20万円の場合は、20と記入。200,000と書くと大変な富豪扱いになってしまうので気をつけましょう!)

ちなみに、夫の収入は以下の方法で確認しました。

■5 住居の状況について記入してください。
居住地の情報について、持ち家でローンがあるのか、当事者以外の家族所有(実家等)なのか、賃貸なのか、自分(申立人)と相手(夫)それぞれの情報を記入します。
私は賃貸だったので、管理費込の賃料月額を記入しました。

まとめ

この書類は、きっかけ・動機部分のフリースタイル部分が一番悩む箇所だと思います。私自身、記入する際に沢山検索しましたがなかなか例文が出てきませんでした。裁判所でも、申立書の記入例はあっても、事情説明書の記入例は公開していないのですよね。
一番詳しいのは弁護士さんですが、自分で申し立てられては、弁護士さん達も商売にならないのでそうそう公にはしないのでしょう。

答えなんてない内容ですし、うまく文字にできなくても調停の場で口頭で調停員に伝えればいいので、そこまで気負わずに書いてみましょう。

各書類の書き方リンク

▼婚姻費用調停での必要書類

下記テキストのリンク部分から、各書類の書き方の説明ページに移動できます。
A婚姻費用分担請求 申立書
C連絡先等の届出書
D進行に関する照会回答書
α非開示の希望に関する申出書(任意)

タイトルとURLをコピーしました