寄稿・執筆依頼はお問い合わせフォームからお願い致します。▶▶

ICL手術体験談~痛いけど失敗?!恐怖で激ヤセ~

ICL手術体験談レーシック・ICL
レーシック・ICL

おはようございます!こんにちは!こんばんは!ICL手術を経験した101号室の佐藤(38歳)です。

私が品川近視クリニックで実際に恐怖のICL手術(予約は1日レーシックプラン)をした体験談です。
レーシックをするつもりで予約し、検査をしましたがレーシック不適合のため急遽ICLに変更。実際の手術の流れどのくらいの時間がかかるのか、ICL手術の内容はどんなものなのか具体的に記載しています。経験者目線の手術詳細と、眼科医に教えてもらった緊張を和らげる方法結局勧められない理由もお伝えします。

手術の内容や流れは調べたらわかるけれど、実際の流れがわかっていた方が安心できませんか?レーシックやICLを検討している人は、実際に手術を受けている気持ちになって読んでみてください!

スポンサーリンク

タイムテーブル【ICL手術】

私の場合はざっと下記のような流れでした。
一日レーシックプラン(検査と手術を同日で終わらせるもの)で予約し、検査の結果ICL手術となりました。

<検査~手術の時間>(時間はおおよそで記憶上の時間の部分もあります。)
10時30分
・病院着、受付(コロナ対策で当日の体温等記入有り)
・検査開始
13時30分
・全ての検査終了
・手術について決断(レーシックであれば種類もここで確定)
・医師からの説明
・ お支払い
14時30分
・瞳孔を開く目薬を10分置きにさすタイム
・手術室があるエリアに移動
・執刀医の診断
・看護師さんに麻酔等別の目薬を数種類、数分置きにさされるタイム
17時00分
・手術開始
17時30分
・手術終了
・一時間リクライニングチェアで休憩待機&術後検査
18時30分
 ・解放(帰宅)

おっと!昼ご飯を食べる時間はないのかーい!という点がミソです。
手術時間まで一旦解放、ということはなくずっと病院に缶詰め。ご飯食べられませんでした。
検査までの内容は別記事をご参照ください。

手術室に移るまで【ICL手術】

検査の結果、レーシックNGとなりICL(眼内コンタクトレンズ)手術を選択。
私の目に合った度数の、目の中に入れるコンタクトレンズの在庫があれば、当日手術可能とのこと。(1日レーシックプランで予約していたため)

結局、両目とも在庫があったようで当日手術可能となりました。
在庫がない場合は、入荷する日以降で手術日を決めて後日の手術となります。

先生の診断

目の検査を散々してきましたが、次いで医師の診断がありました。
ここで手術の内容の説明を受けました。色々不安な事などを先生に質問・相談もできます。
レーシックでどのレーシックにするか迷っている方も、検査の看護師さんより医師の方に相談した方がより明確な答えをもらえるし、安心かと思います。

私が聞いたのは、
「すごく怖いのですが、気が紛れる方法はありますか?」
すると!

「あー順調にやってるなー」と思っていればいいですよ。

という余裕に満ちた回答でした(笑)え?そんなのんきなテンション?と思うとちょっと気が楽になりました。

手術内容の説明は、目を切って、レンズを入れて、固定させる、ということを聞きました。
ICL手術の詳しい内容は下記記事をご参照ください。

お支払い

医師からの説明後、支払いを済ませました。
私が行った病院では手術後ではなく、手術前の支払いです。
紹介割引3万円後の金額で・・・

507,000円(税込)
領収証
高い・・・
この時点で別の意味で具合が悪い・・・

病院によって、支払うタイミングが異なります。
後日手術の場合、先にレンズ代だけ入金という病院もあるようなので自分が行く病院の支払い方法は調べておくとよいでしょう。

ひたすら目薬(セルフ)

専用の待合室で瞳孔を開く目薬を10分置きにさすように言われ、10分おきに目薬を差し続けました。
個人的に「目薬マラソン」と呼んでいます。
たまに看護師の方が瞳孔の開き具合をチェックしに来ます。
そして瞳孔が十分に開いた人から、手術前の待合室エリアに移動していきました。

どのくらいの時間が経過してからかよく覚えていませんが、3回目くらいのチェックでOKが出て移動しました。

ひたすら目薬(看護師さん)&執刀医の診断

移動してからは、看護師さんによりまた別の種類の目薬を数分おきにさされました。
目薬マラソン~ナースコース~です。

その後、同じエリアで実際に手術をしてくれる先生の診断がありました。
検査後に説明してくれた先生とは別の先生でした。
穏やかな感じの先生でこれまた安心。ただ、手術が迫ってきてどんどん不安が増していきます。
同じエリアにいた一人目がまず呼ばれ去っていきました。
ここから2、30分は待ったと思います。(その方の手術時間分待つことになりました。)
次いで、二人目の人も呼ばれまた2、30分待ちました。
この時点でずっと続くドキドキと、待ち疲れと、空腹で負のオーラを放っていたと思いますw

手術室前に移動

やっと呼ばれた!と思いきや手術室前の椅子でまたしばらく待つことに。
もうドッキドキMAXですよ!!
私は今まで一度も手術というものを経験したことはありません。

実際のICL手術内容(リアル体験談)

思い出すだけで鳥肌・・・。心して読んでください。
手術台に上がってからは体が硬直していました。終わってからどれだけ自分がガチガチだったか実感しました。

①目を開かれます

まず片目。テープと器具で固定され目を強制的に瞬きできない状態に開かれます。
目だけあいたカバー的なものを被せられたと思います。

②液体ドバドバかけられます

汚れを落としているのでしょう。洗浄するために水を沢山かけられます。
カバー的な物をかけられているので、髪の毛が濡れることはありません。

③目の麻酔

待っている間の目薬マラソンでも麻酔は含まれていましたが、ここで改めて麻酔薬を点眼されました。
目に当てられている光をまっすぐに見ているように言われます。
3点の光が見えました。眼球はなるべく動かさないようにした方が良いと思うので必死で光を見ていました。

④目の切開

液体ドバドバ~からの麻酔、ときたら次に「切られるな」とわかっていたので、瞳孔は開いているしメスはよく見えませんでしたが何か物体が近付いてくるのはわかり今から目が切られるということは順番と雰囲気でわかりました。

恐怖度MAXの瞬間です!
※人生で最大の恐怖でした!!

たぶん恐怖心を与えないように「はい、切りますよー」ということは言われませんでした。聞きたくもない!!

きっと切られているのですが痛みはありませんでした。

⑤レンズ挿入

折りたたんだレンズを挿入し、眼内で広げられます。
広がったときなのでしょう、見ていた光の見え方が変わりました。よりはっきり見えます。

⑥固定

レンズを挿入した後、レンズを固定する作業が行われるのですが・・・
これがとても苦痛でした。目を切るところが最大の難所だと思っていたので予想外。
位置の調整等を行っているのでしょう。
押されている感じがするのですが、目の中から押されている感覚という人生で一度も味わったことのない嫌な感覚を味わうのです。
このとき、こめかみがズキンと痛んだのです。目ではなくこめかみ・・・

さっきの「恐怖度MAXの瞬間」が一瞬にして更新!
こっちが恐怖度MAXです!

これは失敗?!失明するの?!怖い怖い!と恐怖に陥りましたが、失敗でも何でもなかったです。
誰でも押される感覚はあるようなので安心してください。

ただ、色んな人の体験談を探しても私と同様にこめかみが痛んだという体験談は見つけられませんでした。稀なのでしょうか。かなり怖かったです。

押される感じがあるのはほとんどの方が記載されています。
麻酔で痛みは感じませんが感覚は感じるものなので、だいたいの人が圧迫感を感じるのでしょう。

兎に角、目の中から押されるような圧迫感はかなり恐ろしかったです。

逆の目の手術

私は右目からだったので、次は左目も上記と同じ手順です。
「半分終わった!良かった!」なんて余裕ないです。こんなクッソ怖いこともう一回やるの?!という絶望感しかないです。
そして「慣れ」なんて生まれないです。
むしろどんなことをやられるのか、どれくらい怖いか片目で体験しているので、もう片方の目の手術はより恐怖度が増していました。
さらに、左目の方が固定に時間を要し、右目の時とは異なり、ちょっとこっちの方向見てください等の指示もありました。本当に苦痛の時間でした。

ということで両目が終わり、やっと手術完了です。
ぐったり・・・放心状態・・・

手術の緊張を和らげるアレコレ

私にとっては約40年間生きてきた中で一番の恐怖体験でした。ダントツ一位です。1回だけで殿堂入りです。
みなさんもかなり怖いと思います。少しでも気休めになるようなコツも書いておきますね。
どれも日常生活では何の役にも立たない佐藤オリジナルのくだらないプランですが是非参考にして欲しいです。

・手術室の陽圧チェック
これ結構おすすめです。手術室はホコリなどが入らないように気圧が高くされているのです。
よって、扉かが開くと中から外に空気が流れ出るのがわかります。
手術室は滅多に足を踏み入れる場ではないので、観察してみましょう。
ちょっとだけ冷静になれます。

・あー順調にやってるなー作戦
検査後の先生に言われた言葉です。

「あー順調にやってるなー」と思っていればいいですよ。

特に目を切られるときに有効です。痛くはないので、「あー順調にやってるなー」(棒読み)と心の中で唱えていました。
内心はバクバクですが、『怖い』に意識を集中させてしまうと気が狂いそうなくらいの恐怖です。
なるべく冷静でいられるように自分でも心がけましょう。

・自分は虫
3点の光を見ているように言われ、見ていましたが多角形のようなハニカム構造に見えました。
まるでハエなどの虫の目のようでした。
虫の目って個眼というものが蜂の巣のように集合しているのですよね。
虫、自分は虫なんだ、とも言い聞かせました。

・彼氏に言われたムカついたことを思い出す
私の場合は、彼氏に「ブスになるから俺の前で眼鏡かけないで」と言われたり、手術前もレーシック経験者の彼氏に「怖い」と漏らしたところ「言い訳するくらいならやめたら?」と言われ、「言い訳じゃなくて怖いから怖いと言っているだけ。何でそんな冷たい言い方するの?」と返したところ「別に俺の目じゃねーし」と言われたり目の手術にあたり、彼氏に色々ムカつくことを言われていました。
それを思い出し、我慢!我慢!と耐えました。
こんな冷たいことを言う交際相手も早々いないと思うので、妄想してみてください。
※ちなみに手術1週間後、お別れを告げました。こんな思いやりのない人とはやっていけないと確信。

感想・まとめ

レーシックをした人、ICL手術をした人はそろって「絶対やった方がいい!」と言います。
麻酔によって痛みがないので、我々の敵は「金額」と「恐怖」の二択になるかと思います。

生活面を考えると本当にやって良かったです。
コンタクト、眼鏡がない生活の快適さ!!こんなに快適なの?!
そしてレーシックと異なり角膜を削っていないので、ドライアイが進行することもなく全く問題なく過ごせています。

ただ、人生で最大の恐怖だった私にとっては、あんなに怖い思いを人に勧められない!とも思います。
私は注射すら大変恐怖な人間なので、人より恐怖心は強かったと思います。

正直思うことは、ドライアイとか自分の眼鏡姿が嫌とか目がもうコンタクトに耐えられない状態とかコンプレックスや負の要素恐怖心を天秤にかけてみて、コンプレックスの方が上回ったらやった方が良いと思います。そこまで悩んでないよ~と言う方にはおすすめしません。だって、本当にトラウマになるレベルで怖いから!!満足はしているけど手放しですすめられない、そんな心境です。

ただ私は自分の眼鏡姿が本当に嫌だったのでやってよかったと思っています。
そして昼食を食べられなかった事、人生で一番の恐怖体験で脳も使ったのでしょう。
1日で1.5キロも痩せていました。


タイトルとURLをコピーしました